読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活はつづく

私はずっとここが好きだから、できることならハチもここを愛して、その思い出を忘れないで大切にしてほしい。

吉本ばななハチ公の最後の恋人』 

 

古くなった家具とベッド、布団を捨てた。早ければ来月の末に引っ越すと思う。

4年も住むとだいぶ街に慣れてきて、常連のお店なんかもできて、ようやく”居場所”を見つけられたように感じ始めた頃に離れなければならないのはさみしいけれど仕方がない。

いろんなものを処分したせいで部屋は随分広く感じられるようになった。そのせいか頭もすっきりし、ずっとざわざわしていた気持ちも落ち着いた。

とてもいい映画を観て、好きなアーティストのCDを買った。

料理もする。鍋が多い。敬愛するY先生のお味噌汁の要領で、最初に肉などの具材を香ばしい油で炒め、そこに葉っぱを手で千切って入れて水を加え煮る。味付けには大体味噌を使う。

なんにも具がないときはお粥もどきを作って食べている。

夜はなるべく早くに寝て、朝はだらだら寝ることをせずにきちんと起き、朝日を浴びながらお茶や珈琲や白湯を飲む。

 

自立したい。人の助けは借りるとしても、1人で十分充実した人間になりたい。人の温もりに依存せずとも、自分で自分に居場所を与えられる人間になりたい。

生活をしっかりさせることが苦手だったけれど、そういうのをちゃんとやることから始めたい。

 

生活はつづいてゆく。